リサイクルパレットって?特徴やメリット・デメリットを解説

souco編集部
リサイクルパレットって?特徴やメリット・デメリットを解説
(画像:iStock)
環境問題が注目される昨今、SDGsの達成に向けて取り組みを進めている企業も多いのではないでしょうか?表題にある「リサイクルパレット」とは、その名の通りリサイクル資材を使用して作られたパレットのことです。本記事ではこのリサイクルパレットの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

リサイクルパレットとは

リサイクルパレットとは、再生プラスチックを使用して作られたパレットのことです。そのため、通常のプラスチックパレットと同じように「軽量」「衛生的」「安全性が高い」といったメリットがあります。

リサイクルパレットの製造フロー

  1. ユーザーが新品のパレットやコンテナを購入
  2. 破損したり不要になったパレットを回収
  3. 回収したパレットをペレット化
  4. リサイクルパレットとして成形

リサイクルパレットのメリット

環境に配慮したアイテム

プラスチックの原料である石油資源には限りがある上、燃焼時にCO2が発生します。リサイクルプラスチックを使用することで、CO2の削減が期待できます。

価格が安価

バージンプラスチックを原料とするパレットと比べて安価に製作できます。

ワンウェイパレットとして使用

安価に作れる上に輸出前の熱処理や燻蒸処理が不要なため、ワンウェイパレットとしても使われています。

リサイクルパレットのデメリット

製品に若干のブレが発生

リサイクル原料を使用しているため、色や重量に差が出る可能性があります。

オーダーメイドに不向き

プラスチックパレット同様に、独自サイズのパレットが必要な場合は新しく金型が必要です。金型を用意するために初期コストがかかるため、オーダーメイドにはあまり向いていません。

まとめ

従来の樹脂パレットと変わりない性質を持つリサイクルパレット。環境へ貢献できるだけでなく、通常のプラスチックパレットより比較的安価であることも特徴です。輸出前に熱処理等が不要なことから、ワンウェイパレットとしての利用も検討してみてはいかがでしょうか?

soucoのパレットプランならパレット1枚1日あたり100円で保管できます!
初期費用0円&1日単位で保管できる従量課金制だから、保管料の無駄がありません。全国の登録倉庫からお客様のご要望に合う倉庫をご提供しています。

詳しくは下記のフォームよりお気軽にご相談ください!

記事の執筆者

souco編集部

株式会社souco

倉庫の空きスペースをシェアリングできるサービスを提供しています。段ボール1箱から10畳以上の大型保管スペースまで、さまざまななプランをご用意。1日単位で荷物を預けられます。